2005年05月01日

米国401(k)制度における自社株投資と受託者(トラスティ)の義務

  土浪 修

文字サイズ

401(k)制度の自社株投資により損害を被った加入者による損害賠償請求訴訟が多発している。事業主に加えて、受託者が訴えられる事例もある。労働省は昨年12月、受託者の義務を限定的に解釈する見解を公表し、本年2月には、これに沿った下級審の裁判例も現れた。

このレポートの関連カテゴリ

土浪 修

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国401(k)制度における自社株投資と受託者(トラスティ)の義務】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国401(k)制度における自社株投資と受託者(トラスティ)の義務のレポート Topへ