2005年04月25日

日本の「企業の社会的責任」の系譜(その2)

  川村 雅彦

文字サイズ

企業の社会的責任 (CSR)は最近になって登場した概念ではない。わが国では50年前から議論され、とりわけ1970年代と2000年代は大きな“うねり”となっている。
本稿では、CSRのうねりによる「企業経営の価値転換」、日本でのCSR論議を規定する3つの視点からのアプローチ、そしてジャパン・アジェンダの考え方を述べる。

このレポートの関連カテゴリ

川村 雅彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【日本の「企業の社会的責任」の系譜(その2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本の「企業の社会的責任」の系譜(その2)のレポート Topへ