2005年04月25日

公的保険と民間保険が担う新たなセーフティネット

  阿部 崇

文字サイズ

公的医療保険・公的介護保険の制度改革が進められている。制度の持続可能性を合言葉として、論点は保険給付の守備範囲の縮小を匂わせるものばかりである。
民間保険は公的保険との関係において「補完」を目的としてきたが、公的保険の守備範囲という前提が崩れるこれから、積極的な「協働」により医療・介護に関する新たなセーフティネットの準備を担うことが求められる。

阿部 崇

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【公的保険と民間保険が担う新たなセーフティネット】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

公的保険と民間保険が担う新たなセーフティネットのレポート Topへ