2005年04月22日

欧州経済概況:一進一退で推移するユーロ圏経済

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  • 1~3月期のユーロ圏では、生産は原油価格の上昇や3月中旬にかけてのユーロ高進行の影響でおおむね横ばいに留まったが、消費が緩やかに拡大し、外需も改善したことで、成長率は昨年10~12月期の0.2%をかろうじて上回る見込みだ。
  • 企業は、競争激化や需要低迷という環境下、エネルギー価格の上昇分を価格転嫁できないため、設備投資、雇用に対する慎重姿勢の継続を余儀なくされよう。年初の消費拡大はドイツ、フランスについては雇用の裏づけを欠いており、消費者マインドが雇用見通しの悪化やエネルギー価格上昇の影響で弱含んでいることから、消費は早期の息切れも懸念される。
  • 低金利政策の継続とフランスの消費喚起策、ドイツの法人税減税などの景気対策はある程度の下支えとなるものの、早い段階での成長加速は期待しづらい。
36572_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済概況:一進一退で推移するユーロ圏経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済概況:一進一退で推移するユーロ圏経済のレポート Topへ