2005年04月08日

金融政策、金融・為替市場の動き

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

  1. 日銀金融政策は、短観業況判断の大幅悪化などを受け、当座預金残高の下限見直しは封印。5-6月の大量資金不足に対しては、オペの工夫により現在の30-35兆円程度という「程度」の範囲での振れで済ます方向に。
  2. 国内債券市場は、指標悪化を受け量的金融緩和政策の長期化が規定され良好な相場環境が続く見込み。ただし、先行きの景気については大きな落ち込みがないとの見方で一致しており、ボックス圏の下限での推移を予想。
  3. 為替市場では景況感、金利差、新年度入り後の米国投資の増加などから、対ユーロ、対円ともドル高の展開を予想。ただし、米国の双子の赤字など構造的問題は悪化の一途であり、市場が再び構造問題に焦点を当てることで大きくドル安に転じるリスクは残る。
36569_ext_15_1.jpg
46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【金融政策、金融・為替市場の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融政策、金融・為替市場の動きのレポート Topへ