2005年03月25日

少子化対策から次世代育成支援へ

社会研究部 主任研究員   土堤内 昭雄

文字サイズ

2004年12月に少子化社会対策大綱の重点施策の具体的な実施計画を示した「子ども・子育て応援プラン」が発表された。
05年3月には次世代法に基づく企業の行動計画の策定期限を迎え、この1年間に少子化対策は大きく進捗した。
これまでの少子化対策が次世代育成支援と位置づけられ、人口減少社会における少子化を巡る政策議論が「数」から「質」へ、施策対象を社会全体へと拡げながら、わが国の少子化政策は「子育ての社会化」の時代に向けて動き出した。

60_ext_01_0.jpg

社会研究部   主任研究員

土堤内 昭雄 (どてうち あきお)

研究・専門分野
少子高齢化・家族、市民社会・NPO、都市・地域計画

レポート

アクセスランキング

【少子化対策から次世代育成支援へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

少子化対策から次世代育成支援へのレポート Topへ