2005年03月18日

2005・2006年米国経済・金融見通し~景気は緩やかに減速

  土肥原 晋
  熊谷 潤一

文字サイズ

<米国経済見通し>

  1. 足下の景気は堅調な推移を見せているものの、2005年の経済環境を2004年と比較すると、主要な需要項目には抑制要因が多い半面、景気刺激要因は乏しい状況にある。ただし、雇用状況の回復から、所得増による消費下支えが期待でき、自律的な成長が維持されよう。また、インフレリスクの高まりから、FRBの舵取りが一段と注目を集めよう。景気は緩やかな減速にとどまり、2005年の成長率は3.5%と見込まれる。

<今後の米国金融市場>

  1. 米長期金利の下振れ余地が目先狭まった可能性はあるものの、長期金利の想定フェアバリューについては、前回見通し(12/17)で示した「10年国債利回りで見て4%台にとどまる」との見方を維持することとする。
  2. 多額の経常赤字をファイナンスする必要がある米国にとって、資金逃避につながり得るような米金融市場の不安定化は、できる限り避けたいことから、FRBはこれまで通り「慎重なスタンス」を演出し、市場の安定を保持しながら今暫く利上げを続けよう。
36551_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

熊谷 潤一

レポート

アクセスランキング

【2005・2006年米国経済・金融見通し~景気は緩やかに減速】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2005・2006年米国経済・金融見通し~景気は緩やかに減速のレポート Topへ