2005年03月18日

2005・2006年欧州経済見通し~緩慢な成長が続く~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< ユーロ圏は2005年1.4%、2006年2.0% >

  • ユーロ圏経済は、10~12月期の成長鈍化後の回復力は弱く、主要国間の景気格差も残存している。物価は目標レンジの近傍で推移している。2005年中は、全体ではユーロ高、原油高、世界経済の緩慢な成長という環境の下、輸出、生産、設備投資、雇用の伸びは抑えられ、成長率は1.4%と昨年を下回るものとなろう。
  • 2006年入り後は、構造改革の効果も徐々に浸透し、ドイツも含めて消費が回復することで、2%台の成長に回帰、政策金利の引き上げも実施されることになろう。

< イギリスは2005年2.6%、2006年2.3% >

  • イギリスでは、10~12月期の成長率が前期比0.7%に加速、トレンドを上回る成長が続いている。物価はやや上向いているが、依然、インフレ目標の中央値は下回っている。
  • BOEは、累次の利上げが住宅価格の調整と消費に及ぼす影響、タイトな雇用情勢からくるインフレ圧力などを見守るなかで、政策金利は据え置くと見られる。
36550_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【2005・2006年欧州経済見通し~緩慢な成長が続く~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2005・2006年欧州経済見通し~緩慢な成長が続く~のレポート Topへ