2005年02月25日

ソーシャル・ベンチャーとベンチャー・フィランソロピー

常務取締役理事   神座 保彦

文字サイズ

社会起業家が社会貢献を目的に立ち上げた組織をソーシャル・ベンチャーと呼ぶ。
他方、ソーシャル・ベンチャーに資金提供する慈善団体側では、ベンチャーキャピタルで行われているような資金提供先の経営支援や資金の効率測定という投資家感覚の台頭が見られ、これをベンチャー・フィランソロピーと呼ぶ。
慈善の世界に持ち込まれた投資家感覚には社会貢献の効率を改善する効果が期待される。

常務取締役理事

神座 保彦 (じんざ やすひこ)

研究・専門分野
ソーシャルベンチャー、ソーシャルアントレプレナー

レポート

アクセスランキング

【ソーシャル・ベンチャーとベンチャー・フィランソロピー】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ソーシャル・ベンチャーとベンチャー・フィランソロピーのレポート Topへ