2005年02月25日

フランチャイズ加盟店の経営実態と成功条件

  小本 恵照

文字サイズ

フランチャイズ・ビジネスは堅調な拡大を続けているが、個々の加盟店にとって、フランチャイズへの加盟は、必ずしも事業の成功を約束するものではない。
加盟動機や開業準備の内容等を分析すると、(1)本部(フランチャイザー)への依存が強い、(2)斯業(しぎょう)経験がない、(3)開業準備が不十分である、(4)安易な開業が多い、といった特徴を持つ加盟者に失敗の傾向がみられることが判明した。
フランチャイズ加盟で成功するには、対人コミュニケーション能力を高めた上で、過去の経験・知識が活かせる事業を選び、自らに厳しい姿勢で事業に臨むことが重要である。

このレポートの関連カテゴリ

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【フランチャイズ加盟店の経営実態と成功条件】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

フランチャイズ加盟店の経営実態と成功条件のレポート Topへ