2005年02月01日

リスク・バジェッティング(リスク配分)再考

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

最近、「リスク・バジェッティング(リスク配分)」という言葉は流行ではないが、年金運用を「リスク」の側面から見直すには興味深い考え方である。今回は、(1)ポートフォリオ全体のリスク配分、(2)個別運用商品へのリスク配分、の2つ視点から年金運用を再検討してみた。

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【リスク・バジェッティング(リスク配分)再考】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

リスク・バジェッティング(リスク配分)再考のレポート Topへ