2005年01月25日

イギリスの私的年金税制

  高橋 正国

文字サイズ

イギリスでは2006年4月から新しい年金税制が実施されようとしている。これは既存の複数のルールを一本化し、すべての制度に1つの税制を適用するという大胆なものである。
その結果、税制優遇を受けながら生涯で積み立てることのできる年金貯蓄上限額は150万ポンド(約3億円)、年間上限は21万5,000ポンド(約4,300万円)となり、また個人拠出については所得の100%まで拠出が可能となる。

このレポートの関連カテゴリ

高橋 正国

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【イギリスの私的年金税制】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

イギリスの私的年金税制のレポート Topへ