2005年01月25日

世界金融市場の構造変化と直面する課題

  熊谷 潤一

文字サイズ

金融市場のグローバル化が今後一段と進展する中で、投資家は、魅力的な投資機会を最大限活用することにより、効率的な資産運用を目指し、収益の極大化を狙うことが可能になる。
しかし、その一方で、米国の対外不均衡拡大、世界的な流動性供給の増大、金融市場の不安定化など、グローバル化に潜むリスク要因についても、これまで以上に目を配る必要性があることを忘れてはなるまい。

このレポートの関連カテゴリ

熊谷 潤一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【世界金融市場の構造変化と直面する課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

世界金融市場の構造変化と直面する課題のレポート Topへ