2004年12月25日

好調な個人向け国債

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

■目次

1.注目抜群の商品に成長
2.販売を後押し
3. 個人の利と全体の利

■introduction

個人向け国債は2003年3月の発行開始以来、計8回の発行が行われた(執筆中、第9回が募集されている)。当初は認知が低かったこともあり好調な販売とはならなかったものの、ここ数回は大きく販売実績を伸ばしている。
図表-1は過去の販売実績だが、当初は4,000億円程度だったものが、第8回では1兆8,000億円程度と4倍以上の販売を達成している。また取り扱い民間金融機関も2倍になるなど、運用対象として注目抜群の商品になっている。

このレポートの関連カテゴリ

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【好調な個人向け国債】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

好調な個人向け国債のレポート Topへ