2004年12月25日

2005年度経済見通し

経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー   櫨(はじ) 浩一

保険・年金・社会保障経済・金融・不動産暮らし・高齢社会経営・ビジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

2002年1月を底に回復に転じた日本経済であるが、足元で景気の回復力は弱まっている。
輸出の伸び鈍化による外需の悪化が、設備投資の伸びを低下させており、これまで堅調と考えられてきた消費も、家計所得の低迷等から減速している。
10月以降ジリジリと円高が進んでいることも加わって、輸出の伸びの鈍化から景気は2005年初めをピークに後退に至るだろう。
2004年度の実質成長率は2.0%、名目成長率は0.8%と見込まれる。2005年度は、実質成長率が0.5%、名目成長率は▲0.3%と大きく減速するだろう。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事 エグゼクティブ・フェロー

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【2005年度経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2005年度経済見通しのレポート Topへ