2004年12月17日

2004・2005年欧州経済見通し~ユーロ圏は緩慢な成長

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< ユーロ圏は2004年1.8%、2005年1.7% >

  • ユーロ圏では、2005年前半も米国経済の減速とユーロ高の影響で輸出の伸びが抑制され、設備投資、雇用の回復も遅れることで、緩慢な成長が続く見込みである。
  • 物価は、春先以降、エネルギー価格上昇の影響による上振れが続いているが、前年比で見たユーロ高の物価抑制効果が持続する一方、原油価格の上昇による圧力が次第に緩和することで、年後半には2%を下回る見込みである。

< イギリスは2004年3.1%、2005年2.1% >

  • 7~9月期のイギリスの成長率は、個人消費の堅調、政府支出の拡大にも関わらず、固定資本形成が落ち込んだことで、前期比0.9%から0.4%へと低下した。累次の利上げの効果により住宅価格の上昇と家計の借入れ増大には歯止めが掛かっているが、雇用・所得環境が底固く推移しているため、消費の調整は比較的マイルドなものとなろう。
  • 物価は、公共料金引き上げ、食品価格の押し下げ効果の剥落、コスト上昇分の価格転嫁等によって上向くが、中銀の政策目標の中央値は下回る推移が続こう。
36492_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【2004・2005年欧州経済見通し~ユーロ圏は緩慢な成長】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2004・2005年欧州経済見通し~ユーロ圏は緩慢な成長のレポート Topへ