2004年11月01日

キャッシュ・バランス・プランの疑問(7)

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

キャッシュ・バランス・プラン(CBP)の負債は、利息付与率に上限や下限が設定されている場合に、上限・下限がない場合と比較して、リスクが大きく異なる可能性がある。そこで、積立金の運用においても、このようなリスクを考慮した運用戦略を検討すべきであろう。

このレポートの関連カテゴリ

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【キャッシュ・バランス・プランの疑問(7)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

キャッシュ・バランス・プランの疑問(7)のレポート Topへ