2004年11月01日

家計の資金偏在の加速化

経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

金融資産保有者と非保有者との格差はここ数年拡大傾向にある。デフレから経済が脱すれば、リストラ・賃金削減圧力が減じて、貯蓄をできない世帯の割合は減少することが期待しうる。しかし、一方で進む「能力・実力主義」の流れは今後ますます加速し、同一世代内の所得格差を生み、それが資産というストック格差も引き起こすことになるだろう。

46_ext_01_0.jpg

経済研究部   チーフエコノミスト

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【家計の資金偏在の加速化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

家計の資金偏在の加速化のレポート Topへ