2004年10月25日

企業年金のガバナンスと受託者責任

  土浪 修

文字サイズ

取締役等が企業年金に対する監督や指図を強める動きが広がっており、「年金ガバナンス」の強化と捉えられている。
企業の利益を図る立場にある取締役による監督等と、加入者の利益を図るべき企業年金の「受託者責任」との関係が問題となる。

このレポートの関連カテゴリ

土浪 修

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【企業年金のガバナンスと受託者責任】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業年金のガバナンスと受託者責任のレポート Topへ