2004年09月24日

経済見通しの下方修正が示唆するもの

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<経済見通しの下方修正が示唆するもの>

  1. 経済企画協会が発表した「ESPフォーキャスト調査」の9月調査では、2004、2005年度の経済成長率の予測平均が5月の調査開始以来、初めて前月調査から下方修正された。
  2. 経済見通し(実質成長率の予測平均)は、景気回復期には上方修正が続き、景気後退期には下方修正が続く傾向がある。また、経済見通しが上方修正から下方修正へと転換する時期は、概ね景気のピークアウト時期と重なっている。
  3. 今回の下方修正がただちに景気のピークアウトを意味しているわけではないが、景気の転換点を見極める上では、成長率予測の下方修正が来月以降も続くかどうかが重要なポイントである。

<月次GDP>

  • 7月の月次GDPは前月比0.2%となった。8月は輸出の減少により外需が落ち込むこと等から、前月比▲0.1%と2ヵ月ぶりの減少を予測する。
36435_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【経済見通しの下方修正が示唆するもの】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済見通しの下方修正が示唆するもののレポート Topへ