2004年09月17日

2004・2005年欧州経済見通し-鍵を握る雇用情勢-

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< ユーロ圏は2004年1.9%、2005年2.0% >

  • ユーロ圏の成長率は4~6月期も前期比0.5%と拡大基調を維持したが、外需の寄与が大きく、個人消費は鈍化し、投資は伸び悩んだ。ドイツの雇用回復の遅れから内需の本格回復は見込めず、世界経済の減速、原油高の影響で景気拡大テンポは抑制されよう。
  • 物価は間接税や公共料金の引き上げに原油高の影響が加わり、8月も前年比2.3%と政策目標の2%を上回る推移が続いているが、原油価格が来年半ば以降は前年比での物価低下要因に転じ、二次的影響も抑えられることで徐々に落ち着こう。

< イギリスは2004年3.4%、2005年2.3% >

  • 4~6月期のイギリス経済は個人消費の加速で前期比0.9%と1~3月期を上回る水準となった。7~9月期以降、消費の伸びは昨年11月来の累計125bpの利上げ効果の浸透と特殊要因の剥落で鈍化するが、政府支出の下支え、設備投資の回復によりトレンドを上回る成長が続こう。
  • 物価は食品価格の鈍化もあり政策目標の中央値(2.0%)を下回っているが、物価上昇圧力は徐々に強まりつつあり、年内の追加利上げの可能性は残されている。
36432_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【2004・2005年欧州経済見通し-鍵を握る雇用情勢-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2004・2005年欧州経済見通し-鍵を握る雇用情勢-のレポート Topへ