2004年08月25日

要介護度が担う介護給付の調整弁

  阿部 崇

文字サイズ

制度見直しの議論を経て介護保険制度は「予防重視型システム」へと大きく転換しようとしている。
この発想の出発点となったのが、「軽度の要介護者の要介護度が改善されていない」という考え方であった。要介護高齢者の経時変化を把握する手法として「要介護度の変化」は妥当なのであろうか。
本稿では、QOLの向上と要介護度の改善に着目し、かかる疑問について考察する。

阿部 崇

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【要介護度が担う介護給付の調整弁】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

要介護度が担う介護給付の調整弁のレポート Topへ