2004年07月25日

地域が支える「もの忘れ老人」

  山梨 恵子

文字サイズ

現在、要支援・要介護認定者の約半数に痴呆の症状が現れている状況であり、高齢者介護における痴呆性高齢者対策は重点課題となっている。
2006年度介護保険制度改正に向けては、痴呆高齢者ケアの確立、日常生活圏域を基本としたサービス体系、在宅介護を支援する24時間365日の支援体制の整備などに関する議論が行われており、痴呆介護の機軸は地域ケアに向けられているといえる。
本稿は、痴呆ケアに取り組む先駆事例を通して、地域が果たすべき役割について考察する。

山梨 恵子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【地域が支える「もの忘れ老人」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

地域が支える「もの忘れ老人」のレポート Topへ