2004年07月25日

物価・家賃の地域間格差を考える

経済研究部 主任研究員   石川 達哉

文字サイズ

80年以降、家賃以外の物価には都道府県間の格差はほとんど見られないが、家賃には著しい格差が存在する。
家賃は、それぞれの地域がもたらす固有のアメニティやビジネス・チャンスなど、住むことで享受できる便益の質の違いも反映しているため、価格の格差が強く表れてしまう面がある。
しかも、家賃の地域間格差は、時によって拡大したり、縮小したり、独特な推移を経てきた。
そこで、地域経済との関係において共通の接点を持つ地価や生産性に関する地域間格差の動向と対比しながら、家賃の地域間格差の意味するところを多面的に考察した。

このレポートの関連カテゴリ

44_ext_01_0.jpg

経済研究部   主任研究員

石川 達哉 (いしかわ たつや)

研究・専門分野
財政・税制、家計貯蓄・住宅

レポート

アクセスランキング

【物価・家賃の地域間格差を考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

物価・家賃の地域間格差を考えるのレポート Topへ