2004年06月25日

適正な報酬体系が担う「ケアマネジメントの質」

  阿部 崇

文字サイズ

ケアマネジメントの質の向上。制度施行以来の課題と位置付けられるこのテーマは、介護支援専門員の資質や自己研鑽にその活路を見出すのではなく、介護保険制度自体が担保すべきものである。質の高いケアマネジメントを介護報酬(居宅介護支援費)として相当に評価する仕組み作りが急がれる。
本レポートでは評価の考え方と方法論を提示する。

阿部 崇

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【適正な報酬体系が担う「ケアマネジメントの質」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

適正な報酬体系が担う「ケアマネジメントの質」のレポート Topへ