2004年05月28日

ばらつきが見られるユーロ圏の景気回復

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  • ユーロ圏の1~3月期の成長率は前期比0.6%と10~12月期の同0.4%を上回った。多くの国で、昨年下期以降の景気回復基調が続き、かつ、1~3月期の回復は大方の予想よりも速いテンポとなった。
  • 現段階では、需要項目別の内訳を明らかにしていない国が多いが、独仏のGDP統計やその他の統計からは、内需、外需の強さには国ごとに差があったことが分かる。
  • ドイツは、輸出が堅調に推移する一方、雇用改善の遅れから消費不振が続いている。ドイツ企業を取り巻く環境とこの間の貿易構造の変化を踏まえると、当面は明るい見通しを描きにくい。
  • フランスは、消費拡大と投資の回復で1~3月期は高成長となったが、4~6月期は前期に見られた特殊要因が剥落することもあり、消費の伸びは若干鈍化する見通しである。世界景気の拡大テンポに比べて輸出の伸びが鈍い原因は、主要輸出相手国のドイツ、イタリアの内需不振にあり、ドイツに比べて、域外の輸出環境変化の影響を相対的に受け難い構造となっている。
36367_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【ばらつきが見られるユーロ圏の景気回復】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ばらつきが見られるユーロ圏の景気回復のレポート Topへ