2004年04月25日

米国生命保険会社の資産運用

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

01年~02年、米国では大型の企業破綻が発生し、米国生保は損失の計上を強いられた。そうした状況下でも、米国生保は公社債を中心とする安定志向の運用スタンスを継続してきた。
03年以降、企業破綻の発生は沈静化しつつあるが、一方で金利の低い状況は継続しており、生保が投資収益を確保することが難しくなりつつある。
米国生保の資産運用の概要と動向についてレポートする。

このレポートの関連カテゴリ

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【米国生命保険会社の資産運用】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国生命保険会社の資産運用のレポート Topへ