2004年04月09日

消滅した家計の余剰資金

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一
  篠原 哲

文字サイズ

<異常な資金循環:経常収支と資本収支の黒字の並存>
  1. 日本経済は、企業部門が大幅な資金余剰となる一方で家計部門が資金不足となり、経常収支と資本収支の大幅な黒字が並存するなど、資金の循環が異常な状況にあることを示している。貯蓄率の低下は消費を下支えしてきたが、持続的な消費の拡大には賃金や財産所得の増加を通じた家計所得の増加が必要となるだろう。
  2. 日銀短観(3月調査)は、景気回復を示すものとなった。大企業製造業の増益幅が次第に鈍化していることや、円高がさらに進んだ場合の影響が懸念材料である。
  3. ニッセイ景気動向判断指数(NBI)は、2月は86.2%と景気拡大の持続を示している。内閣府の景気動向指数(先行DI)も景気拡大の持続を示しているが、近年の景気循環が外的ショックに起因するものであることから先行期間が短い点には留意が必要である。
36337_ext_15_1.jpg
42_ext_01_0.jpg

経済研究部

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

篠原 哲

レポート

アクセスランキング

【消滅した家計の余剰資金】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

消滅した家計の余剰資金のレポート Topへ