2004年04月01日

「2004年厚生年金改革案のリスク分析」を発表

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

先般、公的年金の改革法案が国会に提出されたが、制度の持続可能性などにつき、確率的な手法を用いて、弊社所報に「2004年厚生年金改革案のリスク分析」(以下「改革案のリスク分析」とする)を発表した。法案がモデル所得代替率の50%確保と財政的安定性を平均的には達成できる仕組みであることが確認できたが、引き続き議論を重ねるべき事項もある。

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【「2004年厚生年金改革案のリスク分析」を発表】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「2004年厚生年金改革案のリスク分析」を発表のレポート Topへ