2004年03月25日

少子化社会を考える

社会研究部 主任研究員   土堤内 昭雄

文字サイズ

政府は2003年7月に少子化社会対策基本法を制定し、急速に進展する少子化社会に対して包括的な取り組み始めた。
これまで少子化対策は主に出生率の低下に歯止めをかけることだったが、次世代育成支援推進法が成立し、「子育て支援」を次代を担う人材の育成と捉え、政府や国民、企業など社会全体が担うものとして位置づけた。
豊かな少子化社会を築くためにはどのような取り組みが必要か考えてみよう。

このレポートの関連カテゴリ

60_ext_01_0.jpg

社会研究部   主任研究員

土堤内 昭雄 (どてうち あきお)

研究・専門分野
少子高齢化・家族、市民社会・NPO、都市・地域計画

レポート

アクセスランキング

【少子化社会を考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

少子化社会を考えるのレポート Topへ