2004年03月19日

2004年改定欧州経済見通し

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

< 2004年のユーロ圏は1.7%成長>

  • 10~12月期のユーロ圏経済は、個人消費の低迷と外需の悪化により景気回復テンポが鈍化、2003年通年の成長率は0.4%と前年の0.9%を下回った。
  • 物価低下や減税にも関わらず、雇用所得環境と社会保障制度改革による負担増への懸念から個人消費は伸び悩み、ユーロ高や米国の景気拡大テンポの鈍化から輸出・生産の回復ペースも抑制されるため、2004年も成長率は1.7%と低水準に留まる見込みである。

< 2004年のイギリスは2.9%成長>

  • 10~12月期のイギリス経済は、個人消費と政府支出の拡大に、設備投資の持ち直しが加わり成長が加速、2003年通年の成長率は2.3%となった。
  • 個人消費は利上げ効果の浸透、住宅資産効果の緩和から伸びは鈍化するが、良好な雇用所得環境に下支えられるであろう。生産・輸出、設備投資の回復は、ポンド高の影響や米国経済の成長鈍化、ユーロ圏経済が緩慢な回復に留まることから加速感は乏しいが、公的需要の押し上げも加わり成長率は2.9%となる見込みである。
36317_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【2004年改定欧州経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2004年改定欧州経済見通しのレポート Topへ