2004年02月20日

最近の米国経済・金融動向

  土肥原 晋
  熊谷 潤一

文字サイズ

<米国経済の動き>

  • 7-9月期8.2%という20年ぶりの高成長に続く、10-12月期の実質GDPは4.0%に半減したが、米国経済が堅調な成長下にあることに変わりはない。景気回復から取り残された感のあった製造業と雇用に関しては、製造業の経済指標が回復の動きを見せる中、雇用動向が引続き注目を集める状況となっている。
  • なお、2月発表の2005年度予算教書では、2004年度の財政赤字が5210億ドルと急増することが示され、双子の赤字が、今後の米国経済の課題であることを再認識させるものとなった。

<米国金融市場の動き>

  • FRBが「低金利維持への過剰な安心感」や「過度の利上げ期待」といった一方的な相場観を市場から排除することで、長期金利は「当面の落ち着きどころ」である4%に戻ってきた。
  • 雇用指標や経済成長率に一喜一憂しつつ、なかなかFRBが利上げに踏み切れない状況が続くことで、長期金利は今後とも4%を基点に変動を続けるものと思われる。
36300_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

土肥原 晋

熊谷 潤一

レポート

アクセスランキング

【最近の米国経済・金融動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最近の米国経済・金融動向のレポート Topへ