2004年02月13日

失業率の低下を妨げる雇用のミスマッチ

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<失業率の低下を妨げる雇用のミスマッチ>

  1. 完全失業率は2年6ヵ月ぶりに5%を下回ったが、有効求人倍率など他の雇用関連指標と比較すると、改善の遅れが目立っている。
  2. これは、景気が回復して労働力需給が改善しても、構造失業率の上昇により失業率が下がりにくくなっているためである。
  3. 構造失業率の高止まりには、労働力需給のミスマッチの問題が大きく影響していると考えられる。今回の景気回復局面においては、求人・求職間における地域、職種、年齢のミスマッチがいずれも拡大している。
  4. 失業率を本格的に低下させるためには、需要不足解消に向け景気回復を持続させるのみならず、雇用のミスマッチを縮小させるような取り組みが重要である。
36297_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【失業率の低下を妨げる雇用のミスマッチ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

失業率の低下を妨げる雇用のミスマッチのレポート Topへ