2004年02月01日

低金利下での日米債券運用環境の比較

  熊谷 潤一

文字サイズ

日米とも歴史的な低金利にある中、債券市場の種類別残高構成の違いから、米国の投資家は金利変動以外のリスクテイクが可能であり、日本の投資家に比べて超過収益の源泉が多様化している。日本もいずれ、「国債偏重型」の市場構造から脱却することで、投資家にとって魅力的な債券市場の形成が期待される。

このレポートの関連カテゴリ

熊谷 潤一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【低金利下での日米債券運用環境の比較】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

低金利下での日米債券運用環境の比較のレポート Topへ