2004年01月25日

ヘルスケアサービスの新たな流れ-「総合医療」

生活研究部 研究員   天野 馨南子

文字サイズ

先進諸国に共通の「少子高齢化社会の課題」。最大のテーマともいえるのは、医療費の増大と医療費を支える「健康な」人口の減少、である。
わが国においては長引く不況も影響し、従来のやり方そのままに、財政で国民の健康を支えることがもはや困難となっている。
当研究所においてもこの対応策を研究しているが、今回はここ数年ようやくわが国での取り組みが開始された、医療分野における「総合」診療の動きを、今後ヘルスケアサービス市場が向かうべき方向を示唆しているものと考え、レポートする。

このレポートの関連カテゴリ

39_ext_01_0.jpg

生活研究部   研究員

天野 馨南子 (あまの かなこ)

研究・専門分野
少子化対策・女性活躍推進

レポート

アクセスランキング

【ヘルスケアサービスの新たな流れ-「総合医療」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ヘルスケアサービスの新たな流れ-「総合医療」のレポート Topへ