2003年12月25日

2004年度経済見通し

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

日本経済は、イラク戦争、SARSや冷夏などによる一時的な停滞を乗り越えて、再び回復を続けていると見られる。
2003年度は、設備投資の伸びによって民需中心に実質2.0%成長、名目では▲0.2%となろう。
2004年度は、円高の影響が次第に顕在化し、税・社会保険料負担の増加などから後半に向けて景気拡大速度が鈍化するだろう。実質成長率は1.5%となるが、デフレは継続し、名目成長率は▲0.3%と予測する。

このレポートの関連カテゴリ

42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【2004年度経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2004年度経済見通しのレポート Topへ