2003年12月12日

短観速報~景況感は改善。先行きには懸念も

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎
経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<今週の焦点>12月短観~円高で先行きは楽観できず

  1. 大企業・製造業の業況判断DIはプラス11(9月調査1)となり、景況感の改善が続いている。しかし先行きは8と悪化しており、このところの円高が影響していると見られる。大企業・非製造業の業況判断DIは▲9(9月調査▲13)、先行きも▲7と改善が見込まれている。2003年度の経常利益の計画は、全規模・全産業で10.0%増だが前回調査からは下方修正となった。設備投資計画(ソフトウエア除き)は全規模・全産業で3.4%の増加となった。
  2. 足もとでは景気の回復が続いていることが確認できたが、このところの円高で収益の伸びは鈍化しており、企業は先行きに対して警戒感を強めていることを示すものである。当面は設備投資の伸びによる景気回復が期待できるが、先行きは楽観できない状況にある。
36262_ext_15_1.jpg
45_ext_01_0.jpg

経済研究部

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

42_ext_01_0.jpg

経済研究部

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

レポート

アクセスランキング

【短観速報~景況感は改善。先行きには懸念も】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

短観速報~景況感は改善。先行きには懸念ものレポート Topへ