2003年11月25日

地方オフィス市場の現状と展望

  松村 徹
  岡 正規

文字サイズ

東京のオフィス市場では、景気低迷で伸び悩む需要を大量供給された大型ビルが奪い合う「2003年問題」が現実のものとなった。しかし、「2003年問題」に隠れているが、地方のオフィス市場は東京以上に悪化している。
この背景には、地方経済低迷という景気の問題に加え、経済や人口の東京一極集中という構造的な問題も無視できない。
今後、人口減少・高齢化が進む中で東京一極集中構造が変わらなければ、地方主要都市といえども支店経済性がさらに強まり、オフィス市場は縮小均衡状態に陥る可能性が高い。

このレポートの関連カテゴリ

松村 徹

岡 正規

レポート

アクセスランキング

【地方オフィス市場の現状と展望】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

地方オフィス市場の現状と展望のレポート Topへ