2003年11月01日

国内債券ベンチマークを考える

  佐々木 進

文字サイズ

政策アセットミックスを決定する際には、各資産クラスのリスク・リターン特性を表現する「ベンチマーク」が設定されるが、それには各資産クラスを包括する市場インデックスが用いられることが多い。ただし、国内債券については、市場インデックス固有の問題及び年金ALM の観点から、カスタマイズド・インデックスの導入も選択肢の1つになるだろう。

このレポートの関連カテゴリ

佐々木 進

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【国内債券ベンチマークを考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国内債券ベンチマークを考えるのレポート Topへ