2003年11月01日

需給環境の予測と株式投資行動

  黒木 文明

文字サイズ

「銀行の持合い解消売り」や「年金基金の代行返上売り」は、その規模がある程度予想でき、法的スケジュールにより売却時期も想定しやすいなど、これまでの通常の需給見通しとは違った一面を持っている。ただ、特定の投資家の動きだけで相場の方向感が定まるわけでもないので、運用のストラテジーに活かすには注意が必要である。

このレポートの関連カテゴリ

黒木 文明

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【需給環境の予測と株式投資行動】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

需給環境の予測と株式投資行動のレポート Topへ