2003年10月24日

欧州経済:ドイツ経済底入れの兆し/仏財政赤字への「勧告」の行方

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

<ドイツ経済底入れの兆し>

  1. 企業景況感が示唆していたドイツ経済の底入れが、製造業の海外受注や輸出のデータで裏付けられつつある。7~9月期は4四半期ぶりのプラス成長への転化が見込まれる。
  2. 2002年1~3月期は、今回同様に輸出主導で3期連続のマイナス成長を脱したが、プラス成長の期間は、輸出の息切れと設備投資調整の深化で僅か3期に留まった。
  3. 今回は、ユーロ相場の大幅な上振れが回避されれば、輸出の回復基調は続くであろうが、経済の高コスト構造の是正が遅れ、中欧などへの生産シフトは加速していることから、輸出回復が国内需要に波及するスピードは緩やか、その度合いもマイルドであろう。

<仏財政赤字への「勧告」の行方>

  • 欧州委員会はフランスに対して構造的財政赤字の削減のための追加措置を求める一方、適切な措置が講じられた場合には制裁対象としない方針を明らかにした。
  • 今回の勧告についての11月のECOFINの決議の行方、勧告が正式に発動された場合のフランス政府の対応を注視する必要がある。
36221_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済:ドイツ経済底入れの兆し/仏財政赤字への「勧告」の行方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済:ドイツ経済底入れの兆し/仏財政赤字への「勧告」の行方のレポート Topへ