2003年10月01日

会計基準と企業年金 (2)

  臼杵 政治

文字サイズ

米国では、1987年の導入以降、FAS87による年金の積立状況の開示が定着している。しかし、近時、期待収益率を高く設定して、当面の利益をかさ上げする企業があるという批判から、資産配分の開示が検討されており、実現すれば資産運用にも少なからず影響するだろう。

このレポートの関連カテゴリ

臼杵 政治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【会計基準と企業年金 (2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

会計基準と企業年金 (2)のレポート Topへ