2003年10月01日

都市再生政策への期待と限界

  松村 徹

文字サイズ

都市再生政策の社会的意義は大きいが、日本経済再生や不良債権処理の特効薬として過大な期待は禁物である。また、大規模開発の増加がエリア間・都市間格差を拡大させることを勘案し、特定地域への投資集中を避け、広域的な都市計画の視点から、職住バランスや地域間バランスを重視したストック調整的な要素を政策に取り入れ、証券化なども活用するべきである。

このレポートの関連カテゴリ

松村 徹

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【都市再生政策への期待と限界】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

都市再生政策への期待と限界のレポート Topへ