2003年09月25日

高齢社会を包み込む情報化

社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

21世紀初頭における日本社会の大きな変化として高齢化と情報化の進行が挙げられる。
高齢化と情報化は別個の現象のようだが、ともに将来の日本社会を規定する重要なテーマである。近年、ITの技術革新は社会的課題を解決する時代を迎えている。
解決すべき課題も少なくはないが、その利活用によって進化する社会は若い世代だけでなく高齢者にとっても、安全で便利な社会の構築となることが必要である。

62_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

青山 正治 (あおやま まさはる)

研究・専門分野
少子高齢社会・社会保障

レポート

アクセスランキング

【高齢社会を包み込む情報化】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢社会を包み込む情報化のレポート Topへ