2003年09月01日

最適資産配分に影響を与える証券市場以外の要因

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

文字サイズ

最適資産配分は、証券市場のリスクとリスクプレミアム(リスク資産の期待リターン-無リスク金利)を考慮して有効フロンティアを想定し、次に予定利率などの基金の制約を考慮して決定するのが一般的であろう。しかし、リスクやリスクプレミアムなど証券市場に関わる要因以外にも、基金の資産配分に大きな影響を与える要因が存在する。

このレポートの関連カテゴリ

67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【最適資産配分に影響を与える証券市場以外の要因】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最適資産配分に影響を与える証券市場以外の要因のレポート Topへ