2003年08月29日

設備投資を慎重に見る2つの理由

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

<設備投資を慎重に見る2つの理由>

  1. 景気回復期待が高まっているが、以下の2つの理由から設備投資については慎重に見る必要があると考える。
  2. GDP統計の実質設備投資は5四半期連続でプラスの伸びとなっているが、これはデフレーターの低下により押し上げられている面が強い。名目では2四半期連続でマイナスとなっており、本格的な回復からはほど遠い状況にある。
  3. 設備投資の先行指標である機械受注統計は、2四半期連続で増加となった後7-9月期も前期比2.2%の増加が見込まれている。しかし、7-9月期の見通しは過大評価されており、実績は前期比でマイナスとなる可能性もある。設備投資の先行きについては慎重に見るべきであろう。

<月次GDP>

  • 6月の月次GDPは前月比0.6%となった。7月は民需の落ち込みを主因として前月比▲0.5%と3ヵ月ぶりの減少を予測する。
36193_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【設備投資を慎重に見る2つの理由】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

設備投資を慎重に見る2つの理由のレポート Topへ