2003年08月25日

郊外居住と家族の変容

社会研究部 主任研究員   土堤内 昭雄

文字サイズ

人口・世帯構造やライフスタイルが変化する中で、都心回帰の動きが見られる一方、郊外という都市空間はどのような課題を抱えているのだろうか?
戦後の郊外の誕生から発展の経緯を振り返り、郊外家族の変容と郊外居住の課題を考察する。
そして今後の郊外再生の方向性と高齢社会を郊外で豊かに暮らすためのスローな生き方を提案する。

このレポートの関連カテゴリ

60_ext_01_0.jpg

社会研究部   主任研究員

土堤内 昭雄 (どてうち あきお)

研究・専門分野
少子高齢化・家族、市民社会・NPO、都市・地域計画

レポート

アクセスランキング

【郊外居住と家族の変容】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

郊外居住と家族の変容のレポート Topへ