2003年07月25日

WTO加盟後の中国生保市場の新動向

  沙 銀華

文字サイズ

■目次

1.中国生保市場の現状
2.生保市場の変化と流れ
3.外貨保険業務の規制緩和
4.今後の課題

■introduction

中国ではWTO加盟に伴い、保険市場も逐次開放され、外資保険会社が進出し易い環境づくりが急速に高まるその一方で、中国系保険会社も業務拡大や営業拠点を拡充するなどの整備を進めている。ところが、中国国内の経済環境も大変厳しくなっており、株価の急落、金融機関の不良債権問題、失業者急増などの経済問題が、保険業界にもブレーキを掛けつつある。
こうした環境の中では、消費者の需要が落ち込む傾向が強く、保険市場での競争は一層激しくなり、新商品の開発、新しい販売チャネルの構築など、新たな動きが注目されている。

このレポートの関連カテゴリ

沙 銀華

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【WTO加盟後の中国生保市場の新動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

WTO加盟後の中国生保市場の新動向のレポート Topへ