2003年07月25日

雇用慣行の変化のもとでの企業内福利厚生

生活研究部 主任研究員   松浦 民恵

文字サイズ

企業内福利厚生は、長期雇用慣行や年功序列賃金に代表される日本的雇用慣行とともに歩んできた。
しかしながら、昨今、日本的雇用慣行に変化がみられる中で、企業内福利厚生の位置づけはどうなってきているのか。
本稿では、労使に対するアンケート調査の結果をもとに、企業内福利厚生の今日的な意義や目的について検討した。

このレポートの関連カテゴリ

38_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

松浦 民恵 (まつうら たみえ)

研究・専門分野
雇用・就労・勤労者生活、少子高齢社会

レポート

アクセスランキング

【雇用慣行の変化のもとでの企業内福利厚生】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用慣行の変化のもとでの企業内福利厚生のレポート Topへ