2003年07月25日

低迷するドイツ経済

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州統合の進展は、ドイツにとってユーロ圏内の低所得国や中東欧への生産移転の加速や政策の自由度低下をもたらし、経済停滞へのきっかけとなった面がある。
欧州統合の不可逆的な流れの中で進められようとしているドイツの構造改革は、短期的には景気を下押しする可能性があり、効果が顕れるまでには時間を要する。
当面は何よりも、ユーロ圏内でのデフレ・リスクの回避に軸足を置いた協調的なマクロ経済政策運営が望まれる。

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【低迷するドイツ経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

低迷するドイツ経済のレポート Topへ